カレンダー
2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

予期せぬエラー

突然パソコンがフリーズしてどうにもならない時、大切なデータがあるのであればデータ復旧を業者にまかせてみましょう。こちらのサイトでは利用者からの声があるのでとても参考になると思います。

エラーバスター""

毎日触っているパソコン、しかしいつ故障の魔の手が伸びるのか・・・それは誰にもわかりません。
例えば、ある日何かの拍子にハードディスクに傷がついたとします。するとそれは、ディスクに傷がついているのと同じ状態なんですね。パソコンを起動している間ハードディスクは回転し続けているので、下手をすると傷はどんどん広がってしまいます。
小さい傷でもハードディスクは調子を崩すことが多いので、パソコンを起動してデータを見ようと思ったら「フォーマットされていません」などのメッセージが表示されることがあります。
いわゆるこれが初期段階。ドライブDなどを開きたいのに上記のメッセージが出てきた場合はすみやかに電源を落とし、パソコン修理に持って行ったほうがいいでしょう。
パソコン修理というと、修理してまた動くようにするというイメージが強いですし、実際にそうした仕事が多いんですが・・・実はデータ復旧などもメインのお仕事に含まれています。

データ復旧

復旧システム

データ復旧というのはなんらかの理由で起動不可能になったパソコンからハードディスクを取り出す、もしくは故障した外付けハードディスクなどからデータを抽出し、復活させることを指します。
データ復旧によって仕事の大事なデータや趣味の写真、音楽などを無事楽しむことができるのです。
そして、可能ならばパソコン修理もしてまた再び仕事や趣味に没頭できる・・・というわけです。
パソコン修理とデータ復旧は実は結構近い存在なんですね。

修理に持っていこう

PCサポート

では、そのパソコン修理とデータ復旧はどこまで可能なのか?ということを考えて行きましょう。
「もうどう考えても無理だろ・・・」そう見えて実はいけた、なんて例も・・・?